ニキビケアには水分と油分のバランスを

ニキビができてしまう原因は、皮脂が過剰に分泌してしまうから!なんて、決めつけてしまっている方も多いですよね。

ですが、実はニキビができてしまうのは、それだけが原因ではないのです。特に、大人になってから出来るニキビというのは、乾燥やストレス、ホルモンバランスの変化などが原因となったものが多く、それに応じたケアをする必要があります。

生理前にできやすいのは、そんな原因が絡んでいるからなんですね。

渋谷のくすみ治療に関する情報満載のサイトです。

だから、大人になってできたニキビのケアには、皮脂を過剰に落とすケアよりも、しっかり保湿を行って、肌状態を立て直すケアが大切になってくるのです。

つっぱる感じのする化粧品や、刺激が気になる化粧品は避け、肌の内部、奥深くに潤いを届けて、土台からしっかり立て直してくれるような化粧品を選びましょう。

肌表面のバリア機能が低下すると、肌が外的刺激の影響を受けやすくなるので、アクネ菌などの原因菌の影響もしっかり受けてしまい、ニキビができてしまいます。



肌の水分と油分のバランスを取り、肌状態を整えてあげるケアを行うことで、このバリア機能をアップさせることも可能となるのです。


皮脂が気になって、ついつい油分を含んだクリームなどを敬遠してしまいがちですが、これを使わないと、かえって肌内部の水分が蒸発してしまい、それを守ろうとして、余分な皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

自己判断でクリームを使用しないのではなく、基本に忠実に化粧品を使って、肌を美しく保ちましょう!。